• 会社情報
  • ごあいさつ
  • 沿革
  • 企業理念
  • CISについて
  • 事業所案内

企業案内

トップ > CISについて

CISとは、Commonwealth of Independent States (独立国家共同体)の略称で、旧ソ連邦崩壊後に同連邦構成国により形成された緩やかな国家連合体です。ベラルーシの首都ミンスクに本部が置かれていますが、EUのように独自の憲法や議会は持っていません。CISには、旧ソ連邦を構成していた15ヵ国中、バルト3国(ラトビア・リトアニア・エストニア)とグルジアを除く下記11カ国が加盟しています。

※グルジアは2009年8月、CISから正式に脱退する 声明を発表しました。

■CIS加盟国
・ロシア連邦
・ウクライナ
・ベラルーシ共和国
・カザフスタン共和国
・アゼルバイジャン共和国
・モルドバ共和国
・アルメニア共和国
・ウズベキスタン共和国
・トルクメニスタン
・タジキスタン共和国
・キルギス共和国

市場環境

2006年に8年連続の経済成長を記録したロシアを筆頭とし、透明な市場経済化が進むウクライナ、豊富な資源を背景に安定した発展を見せているカザフスタンなど、CIS諸国の経済は高い成長を続けています。今後、各国の国家予算も増加し続けることが予想されるとともに、有力な民間企業も台頭しており、ビジネスを行う上で様々なチャンスに満ちています。活気あふれる新しいマーケットが、我々の舞台です。


モスクワ大学

モスクワ中心部

建設中のモスクワ・シティ